発祥は明治10年に開校した学習院!?知って役立つランドセルの豆知識をご紹介!

こちらのサイトは、来年1年生として入学するお子さんを持つ人などに対してランドセルの豆知識をご紹介しています。
例えば、発祥は明治10年に開校したとされる学習院が始まりであること、カバンに取り付ける交通安全の文字が記されているビニールカバーは1年生のときだけでよいのか、人工皮革素材の場合は雨に濡れてそのままにしてしまうとひび割れになるなど役立つ情報を数多く紹介しているので参考にされることをおすすめします。

発祥は明治10年に開校した学習院!?知って役立つランドセルの豆知識をご紹介!

ランドセルと聞くと、昔と比べると色々なカラーバリエーションがある小学生専用のバッグ、このようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
ランドセルは明治10年に開校した学習院が発祥になっていて、「学校は全員が平等、家庭環境を教育の場に持ち込むべきではない」など学習院の理念に基づき開校8年後に当たる明治18年に採用となったものが両手を使うことができる具体用の背のうであり、現在の箱型のランドセルになったのは明治20年といわれています。

明治18年に採用されたランドセルは背負って両手をあけられる軍隊用の背のう

ランドセルと言えば小学生とは切っても切り離せないアイテムになっていますが、実は元から子供の通学用かばんとして作られたわけではなく、当初は軍隊用の背のうとして用いられていたものでした。
軍隊が行軍する際には武器や弾薬の他にも食糧とか毛布など様々な資材が必要になりますが、それを入れて背負うための袋であり、バックパックのようなものです。
日本では明治維新の直前くらいにオランダから導入されたと言われており、軍隊で採用されました。
このランドセルが通学用に採用されたのは明治18年のことであり、学習院が初めて導入しました。
特にこれが採用された理由は明確ではありませんが、小さな子供であってもそれなりの分量になる学用品を持ち運びやすいことに目をつけたのかもしれません。
確かにそれまで日本にはかばんと呼べるような製品はあまりなく、風呂敷包みが当たり前であった時代ですから、学用品の持ち運びはそのままではかなり大変だったと思われます。

現代の箱型ランドセルは明治20年の大正天皇のご入学祝に献上したものが始まり

ランドセルは小学生の象徴とも言えるアイテムですが、もともとは軍隊の行軍時に必要な持ち物を入れるバックパックというか背嚢がそのルーツであり、最初から子供の通学用として存在していたわけではありません。
日本では明治維新の直前にオランダから導入されており、そもそもランドセルという名称自体がオランダ語でバックパックを意味するranselに由来します。
これが子供の通学用にも用いられることになった大きな契機は、明治20年に後の大正天皇となる当時皇太子の嘉仁親王が学習院初等科に入学する際、初代内閣総理大臣の伊藤博文がお祝いとして献上したものが始まりとされています。
実は伊藤はいきなり何の前触れもなく献上したわけではなく、それより前の明治18年に学習院自身が通学用にランドセルの利用を推奨していた背景はあるのですが、やはり皇太子が使うことになったというのは国民の注目を集める大きなイベントであったことは間違いないでしょう。

現代はカラフルなものが多い!?赤と黒のランドセルの色の意味とは?

現代はカラフルなものも多くなっていますが、20世紀末までランドセルと言えば赤と黒が当たり前で、赤が女の子用、黒が男の子用と決まっていたものです。
そういえば、この色分けの意味は何なのでしょうか。
洋服でもおもちゃでも、赤が女の子向けの色というのはまずまず納得できますが、もし赤と対比するのであれば男の子向けは黒ではなくむしろ青ではないのかと思いませんか。
ランドセルは昔は牛革で作られており、これを均一の色に染めることは当時の技術では決して容易なものではなく、その中で比較的簡単に行うことができたのが赤と黒だったというのが理由のようです。
ただし明確に何らかの記録が残っているわけではありません。
もしこの説が正しいとすれば、たまたまうまく染めることのできた二色を女の子と男の子に振り分けただけというのが答えになるわけです。
今では牛革ではなく合成皮革ですし染色も容易になり、カラフルなランドセルは全く珍しくなくなりました。

ランドセルの状態はメンテナンスで決まる!効果的なお手入れ方法

ランドセルは6年間大切に使うものであり、日頃からしっかりとランドセルのメンテナンスを行うことにより、長く綺麗な状態を維持することができるでしょう。
ランドセルの効果的な手入れとしては、素材により大きく異なります。
まず最初に外側のお手入れについてですが、人工革皮の場合には、柔らかいブラシなどを使いほこりを落とします。
柔らかい布を水に濡らしよく絞ってから拭いたら、直射日光の当たらない場所でよく乾かしましょう。
水拭きで落ちないのであれば、水で薄めた中性洗剤などを使って汚れを拭き取ります。
背あての部分については、柔らかく乾いた布で拭き取るのが良いですが、取れない汚れは布を水で濡らして、よく絞ってからから拭きましょう。
お手入れした後は風通しの良い日陰に置いてしっかりと乾かすことが1番のポイントです。
牛革やコードバンなどの本革の場合には、革専用の汚れ落としクリームなどを使うことも一つの手段といえるでしょう。